ゼファルリンは副作用が安全な増大サプリですが過剰摂取は要注意

ゼファルリンは副作用の心配がない安全な増大サプリです。

 

配合されている成分に関しても全て安全性が確かめられています。

 

但し過剰摂取は控えて下さい。一度に大量摂取することで、想定していないような症状が現れる恐れがあるためです。

 

 

 

【最大19,600円オフ!割引実施中】

2箱以上の購入で+1箱プレゼント♪

 

 

 

日本製サプリで安全です

ゼファルリンは日本生まれのサプリメント

 

インターネットを使って検索してみると分かりますが、海外のサプリメントもたくさん販売されています。

 

サプリメントは直接口から摂取するタイプの商品なので、特に安全性には気を付けたいところです。

 

日本語で紹介されていても、詳しくみてみると、中国や東南アジアなどで製造されているというケースも多いですね。

 

ゼファルリンはメイドインジャパンのサプリメントです。

 

日本国内の工場で製造されているので、安心して飲むことができます。

 

 

危険な成分が配合されているリスク

 

海外製のサプリメントの中には日本国内で使用を禁止されている成分が配合されている商品もあります。

 

増大サプリや精力剤の場合は、医薬品が配合されているケースも報告されています。

 

実際に副作用や健康被害を恐れがあるとして注意喚起を受けている商品は存在します。

 

【参考記事】
注意が必要な健康食品|東京都健康安全研究センター

 

 

 

日本国内の工場で安全に製造されている

作業員

 

ゼファルリンはメイドインジャパンのサプリメントなので、日本国内の工場で製造されています。

 

厳しい安全基準をクリアした工場なので、サプリメント内に異物や不純物が混入するリスクはありません。

 

増大サプリの中には製造管理体制が杜撰(ずさん)な海外の工場で作られている商品も多いです。

 

製造管理体制が整っていない工場で製造すると、当然サプリメントに異物などが混入するリスクが高まります。

 

 

安全性にはこだわろう

サプリメントは直接口に入れる商品なので、安全性にはこだわりたいものです。

 

国内製造のサプリメントは人件費などのコストがかさむので、販売価格が高くなりがちです。

 

しかし、安全面を考慮すると、多少価格が高くなっても国内製造のサプリを選ぶことをおすすめします。

 

ゼファルリンは日本国内の工場で製造しているので、安心して摂取することができます。

 

 

 

【最大19,600円オフ!割引実施中】

2箱以上の購入で+1箱プレゼント♪

 

 

 

配合成分の安全性をチェックしました

サーチのイメージ

 

ゼファルリンに配合されている成分は全て安全性が確かめられています。

 

60種類以上の成分が配合されているため、全成分の安全性を紹介するわけにはいきません。

 

ここでは主な配合成分をいくつかピックアップして、の副作用の有無に関して紹介していこうと思います。

 

 

L-シトルリンの副作用

 

L-シトルリンは必須アミノ酸の仲間で、「スーパーアミノ酸」とも呼ばれています。

 

スイカやキュウリなどのウリ科の植物に含まれています。

 

普段私たちが口にする食材にも含まれている成分なので、安全性は非常に高いです。

 

最近ではアスリート向けのサプリメントにも配合されているケースが増えてきました。

 

過剰摂取した場合においても心配はありません。

 

L-シトルリンの過剰摂取による重大な健康被害の報告はありませんが、一度に大量摂取した場合に腹痛を感じたという報告はあります。

 

ゼファルリンに配合されている含有量であれば、過剰摂取に該当することはないので安心して下さい。

 

【参考文献】
Ochiai M, Hayashi T, Morita M, Ina K, Maeda M, Watanabe F, Morishita K. 2012 “Short-term effects of L-citrulline supplementation on arterial stiffness in middle-aged men.” Int J Cardiol. 2012 Mar 8;155(2):257-61.

 

 

L-トリプトファンの副作用

 

L-トリプトファンも必須アミノ酸の仲間です。

 

乳製品や大豆製品、ナッツ類などのタンパク質に含まれています。

 

一般的な食材に含まれている成分なので、体内に摂取しても問題はありません。

 

但し、L-トリプトファンの過剰摂取には注意が必要です。

 

必要以上の量を摂取すると、肝臓内で脂肪分が変化して肝硬変になる恐れがあります。

 

実際にラットを使った実験で、L-トリプトファンの過剰摂取によって肝臓内の脂肪に変化が起こることが分かっています。

 

もちろんゼファルリンに含まれている量では、過剰摂取になることはありません。

 

【参考文献】
Steinberg S, Annable L, Young SN, Liyanage N. (1999) “A placebo-controlled study of the effects of L-tryptophan in patients with premenstrual dysphoria.” Adv Exp Med Biol. 1999;467:85-8.

 

 

トンカットアリの副作用

 

トンカットアリはニガキ科の仲間で、マレーシアやインドネシアなどの熱帯雨林地域に自生しています。

 

栽培することが難しい植物で、食品やサプリメントに含まれているトンカットアリは全て野生です。

 

重大な副作用の心配はなく、農薬や化学肥料なども使われていないので安全性が高いです。

 

しかし、トンカットアリにはさまざまな栄養が豊富に含まれているため、体質に合わないケースがあります。

 

また、過剰摂取をすると、腹痛や下痢、嘔吐(おうと)などの症状が現れることがあります。

 

ゼファルリンに含まれている量では過剰摂取になる心配はないので、安心して下さい。

 

【参考文献】
Bhat R, Karim AA. (2010) “Tongkat Ali (Eurycoma longifolia Jack): a review on its ethnobotany and pharmacological importance.” Fitoterapia. 2010 Oct;81(7):669-79.

 

 

ムクナエキスの副作用

 

ムクナはマメ科の植物で、栄養分が豊富な豆を実らせます。

 

ムクナは海外だけでなく日本でも食されています。「ハッショウマメ」とも呼ばれているので、そちらの方が馴染みがあるかもしれませんね。

 

豆は煮込んだり、きなこにして食べたり、茎や葉はお茶にして飲むことができるので、安全な成分だと言えますね。

 

実際にムクナ豆の主成分は、炭水化物やタンパク質、脂質、ミネラルなどです。

 

大豆やソラマメなどと同じなので、副作用の心配はありません。

 

【参考文献】
Majekodunmi SO, Oyagbemi AA, Umukoro S, Odeku OA. (2011) “Evaluation of the anti-diabetic properties of Mucuna pruriens seed extract.” Asian Pac J Trop Med. 2011 Aug;4(8):632-6.

 

 

エゾウコギの副作用

 

エゾウコギはウコギ科の植物で、ロシアや中国、北海道などの寒冷地に自生しています。

 

中国では2000年以上も前から漢方薬として利用してきた歴史があり、安全性が確認されています。

 

日本には江戸時代の頃からエゾウコギの栽培が奨励されていて、飢饉の際に食用として使うことで乗り越えたと伝えられています。

 

食用としても使われているので、副作用の心配はありません。

 

稀に下痢を起こすケースが報告されていますが、ゼファルリンのメイン成分ではないので、そこまで気にする必要はないと言えます。

 

【参考文献】
Hwang YC, Jeong IK, Ahn KJ, Chung HY. (2009) “The effects of Acanthopanax senticosus extract on bone turnover and bone mineral density in Korean postmenopausal women.” J Bone Miner Metab. 2009;27(5):584-90. Epub 2009 May 20.

 

 

アカガウクルアの副作用

 

アカガウクルアはニガキ科の植物で、インドやタイを流れるメコン川流域付近に自生しています。

 

「ソフォン」とも呼ばれることがあります。

 

原住民の間では古くから強壮剤として重宝してきました。

 

タイでは現在でも根部分を磨り潰して、ハチミツなどと一緒に食べています。

 

精力剤などにも配合されているので、副作用の心配はありません。

 

基本的には安全性の高い成分なのですが、ホルモン療法を受けている場合は注意しましょう。

 

アカガウクルアは性ホルモンへの作用があるためです。

 

【参考文献】
Cherdshewasart W, Mahapanichkul T, Boonchird C. “Estrogenic and anti-estrogenic activities of the Thai traditional herb, Butea superba Roxb.” Biosci Biotechnol Biochem. 2010;74(11):2176-82. Epub 2010 Nov 7.

 

 

有機マカの副作用

 

マカはアブラナ科の植物で、南米ペルーのアンデス山脈が原産です。

 

球根の部分にアミノ酸やミネラルなどの栄養が豊富に含まれています。

 

インカ帝国の時代から栽培をして食してきた歴史があります。

 

現在はスーパーフードとして世界各地から注目されていて、宇宙事業を展開しているNASAでは宇宙食として採用しています。

 

そのため、マカは副作用の心配がない安全な植物だと言えます。

 

マカの過剰摂取は控えましょう。

 

大量に摂取すると、下痢などの症状が現れることがあります。。

 

なぜなら、マカの作用で黄体ホルモンの働きが抑制されて、便の水分量が促されるためです。

 

ゼファルリンでは過剰摂取になるほどの量は含まれていないので安心して下さい。

 

【参考文献】
Gonzales-Castaneda C, Gonzales GF. 2008 “Hypocotyls of Lepidium meyenii (maca), a plant of the Peruvian highlands, prevent ultraviolet A-, B-, and C-induced skin damage in rats.” Photodermatol Photoimmunol Photomed. 2008 Feb;24(1):24-31.

 

 

 

スッポンの副作用

 

スッポンはカメの仲間で、日本国内でも生息しています。

 

必須アミノ酸やコラーゲン、リノール酸、ビタミンB群、鉄、カルシウムなどが含まれています。

 

滋養強壮や不老長寿に効果があると言われていて、古くから漢方の世界で珍重されていました。

 

日本でもスッポン料理(スッポン鍋など)が親しまれていて、安全性は高いです。

 

過剰摂取による健康被害の報告もありません。

 

【参考文献】
Yu H, Wang J, Li Y. 2004 “Effects of turtle egg powder mixture on serum lipids of experimental hyperlipidemia rats.” Wei Sheng Yan Jiu. 2004 Jan;33(1):91-3.

 

 

 

【最大19,600円オフ!割引実施中】

2箱以上の購入で+1箱プレゼント♪

 

 

 

食物アレルギーを持っている場合は注意しよう

野菜

 

上述しているように、ゼファルリンの配合成分自体には副作用の恐れはありません。

 

しかし、あなたが何らかの食物アレルギーを持っている場合は注意しましょう。

 

ゼファルリンを購入する前に配合成分をチェックして、該当するアレルギー源が含まれていないかどうかをチェックして下さい。

 

万が一、アレルギーに該当する成分が含まれている場合は購入を控えるか、もしくは医師や薬剤師に相談することをおすすめします。

 

食物アレルギーは主に鶏卵や小麦、牛乳などですが、その他にも甲殻類や野菜・果物、そばなどでもアレルギーを発症するケースが報告されています。

 

 

食物アレルギーの症状を知ろう

 

食物アレルギーの症状はさまざまですが、一番多いのが皮膚系ですね。

 

その他には呼吸器症状、粘膜症状、消化器症状などが挙げられます。

 

皮膚症状 痒み、じんましん、むくみ、赤み、湿疹
呼吸器症状 くしゃみ、鼻づまり、鼻水、せき、息苦しさ(呼吸困難)、ゼーゼー・ヒューヒュー(喘鳴)
粘膜症状 眼:充血、眼のまわりのかゆみ、涙目

口腔:口腔・唇・舌の違和感、腫れ

消化器症状 下痢、吐き気、嘔吐、血便
循環器症状 脈が速い・乱れる、手足が冷たい、唇や爪が青白い(チアノーゼ)、血圧低下
神経症状 元気がない、ぐったり、意識が朦朧とする
全身症状 アナフィラキシー

 

【参考記事】
第4章 食物アレルギー|厚生労働省

 

 

 

サプリや医薬品との飲み合わせも心配なし

薬

 

ゼファルリンはサプリメント(健康食品)に分類されている商品なので、基本的には他のサプリメントや医薬品と一緒に飲んでも問題はありません。

 

但しいくつかの注意点があるので覚えておいて下さい。

 

 

サプリメントとの飲み合わせの注意点

 

過剰摂取にならないように、ゼファルリンに含まれていない成分が配合されているサプリメントを飲むようにしましょう。

 

ゼファルリンの主要成分はL-シトルリンとL-トリプトファンなので、この2つをメインに配合しているサプリメントは控えると良いです。

 

上述しているとおり、L-シトルリンは過剰摂取しても身体に悪影響はありませんが、必要以上の量は尿などと一緒に排出されてしまいます。

 

一方のL-トリプトファンを過剰摂取すると、肝臓で脂肪の変化が起こり、肝硬変を招く恐れがあると指摘されています。

 

 

抗うつ剤との飲み合わせは注意しよう

 

風邪薬などの一般的な医薬品と一緒に飲んでも問題はありません。

 

但しうつ病治療の抗うつ剤を摂取している場合は注意して下さい。

 

抗うつ剤との組み合わせによって、血圧や心拍数の変化や脳血管収縮障害などが起こる場合があります。

 

もしあなたが抗うつ剤を服用している場合は、事前に担当医師に確認するようにして下さい。

 

 

 

↓↓詳細はコチラ↓↓
ゼファルリン